高天原「橋本院」絵写経がはじまりました。

御所の高天原「橋本院」にて、絵写経が始まりました。

橋本院さんは、奈良時代に元正天皇の勅により行基が開いたとされます。
鑑真和尚も聖武天皇の任命により高天寺の住職になったほど、格式の高い寺院です。
また修験道の祖と崇められる役の行者のこの寺で修行を積んだと伝えられています。
〔史跡ガイドより抜粋〕

本堂の奥には、瞑想の庭があります。広大な庭には、
めずらしい木々や茶花が植えられており
四季を通して、いつ行っても、癒されるところです。

大自然を通して、心の平穏を培おうという橋本院さんの念いと
絵写経の念いとがピッタリ合って、あっという間に始まりました。
このような清々しいところで絵写経をすると、
おのずから 優しく和やかな心となっていきますね。

   

 

ご本尊「十一面観世音菩薩」 「弘法大師」 「普賢延命菩薩」等の絵写経をしていただけます。
毎月21日が絵写経の日で、彩色も楽しんでおられます。。

他の日でも、大丈夫の日はお部屋で書かせていただけるので、庫裡にお声がけした際に
聞いてみるのもよいですね。