河内長野「観心寺」絵写経

 

うるわしき「如意輪観音」絵写経が始まっています。
毎月最終土曜日 10時30分~
中院にて。(山門を入り、すぐ左側の納経所のとなり)

毎月この日は、朝9時~10時まで「阿字観瞑想」があり、
30分休憩の後、絵写経が始まります。
両方参加しても、どちらかの一方でも良いように、
受付は、それぞれの始まる前に、部屋の入口ですませます。
奉納は1,000円で、筆ペンが用意されているので、手ぶらで大丈夫です。

       

お写経は「百字の偈」
真言宗の方以外は馴染みがないかもしれませんが、
真言宗ではいつも唱える理趣経というお経の、
いわばまとめの部分です。
大事なことが凝縮されていそうですね。

写仏の如意輪観音様は、下図を承った時、制作するのに描きごたえがあって、
なんとも尊い重厚な感じがしましたが、写仏をなぞっている時は、ちょっと違って、
こころが、温かく懐かしい大きな愛に包み込まれるような感覚になりました。
お寺という環境のなせるわざでしょうか。
気持ちがリセットできて、前向きな姿勢をいただきました。
なるべく毎月、行きたいと思い、阿字観・絵写経を楽しみにしています。

阿字観、絵写経のポスターは、
字をみたら伯舟庵とわかる。と、
最近よく言われれますが、
柏琉のデザインです。
いつもながら、かっこ良いですね。
文面はご住職です。
「上手に書くことが目的ではありません。
 落ち着いて、心が楽になることが大事です。」と、あります。
かなり良いですね。