青岸渡寺へ寄付奉納 H28年10月

5年前、大好きな紀伊半島が水害に襲われた際、大阪天王寺の一心寺にて、
仲間とともに、チャリティーアート展を行いました。
その時に全額寄付したかったので、ボランティアの学生さんのお弁当代を捻出するため、
苦肉の策で作られた「八咫烏Tシャツ」。 販売すると、とても好評でした。

t3 t2 t5 t8

当時は、復旧に時間がかかりそうで、「5年は支援する」と将晧が言いました。
その後、各地で災害やテロが続き、紀伊半島への支援イベントは自然消滅となり、
私たちは、ならば「八咫烏Tシャツ」で寄付を5年続けようと考えました。

t4 t   

第1回目に那智本宮大社で寄付奉納した時お会いした、東京のオフィスTenさん等の
購入協力、阪和道上がりSA内伯舟庵コーナーでお買い上げ頂いた様々な方々の協力を
経て今回、青岸渡寺様で最終年となりました。

 

img_4410 img_2557  img_2556 img_2558

今春より現地の須賀さんの紹介で青岸渡寺内のお土産やさん「見晴亭」で販売すると、
実は5年前、支援先のボランティアベース和さんからの要請で、
当時もTシャツ販売をお手伝いしてくださっていた事が判明して、
縁の深さに感激しかりでした。

また、今年、青岸渡寺さんの熊野修験に参加した際、修験を一般に公開している懐の深さ 
と ボランティアのサポートに感銘を受けた事も含め、
来年からの新たな寄付を熊野修験の応援が出来たら良いなと考えています。

八咫烏Tシャツをご購入の皆様、本当にありがとうございます。
今後とも、活動は続けてまいります。
どうぞよろしくお願いします。