絵写経とホーリーバジル

絵写経とホーリーバジル茶で
「心と身体の健康」を実現

伯舟庵では、仏画製作の仕事を通して「心の平穏」の大切さに気付き、自分の心の状態をチェックする「内観」を行うツールとして絵写経を考案しました。
絵写経とは写経と写仏を合わせたもので、もともと寺社様をお手伝いしようと始まったものです。
写仏部分を寺社様のご本尊の仏画や神画のイラストにし、それぞれの寺社様固有の絵写経を作成することで既存の写経会に厚みを持たせたり、新しく催しを始めるきっかけとして下さっております。
また、写経や写仏を「仏教徒の修行」から敷居を低くとらえ、ストレス社会で揺れ動く心や不安にさらされ続ける精神を落ち着かせるために行う自己瞑想や心の平穏を保つためのツールとしてご使用になられるよう、絵写経用紙をお勧めして参りました。

自らの心を見つめ、心の平穏を保つことで、頭が整理され仕事のパフォーマンスが向上したり、悩みを深刻化させないことで煩わしい人間関係の負担を和らげることができるようになります。それは精神からくる病の予防と言えるかもしれません。
心の健康を保つものが絵写経用紙であるならば身体の健康を保つ飲み物やお菓子を絵写経の最中にご提供できれば、一日の少しの時間で心身健全をまるっとサポートできるのではないか?そのように考えるようになりました。
そこで絵写経の体験をしてもらう際や絵写経をご購入して頂く際に、庭で育てたホーリーバジルでつくったお茶を振る舞うことにしました。
ホーリーバジル茶の香り成分であるリナロールには、リラックス効果や不安ストレスを解消する効果があるといわれています。また主成分であるオイゲノールなど抗酸化成分が、ストレスに対抗するためのホルモンであるコルチゾールを抑制する効果があるため、絵写経の前や最中にお茶を飲むことで緊張した精神を落ち着かせリラックス状態のまま絵写経に没頭してもらえます。
その試みがとても好評であったことから、絵写経とホーリーバジルで心身健全を多くに広めるため、2020年から農園で大規模にホーリーバジルを栽培し、商品として販売することにしました。

和泉市小川産ホーリーバジル茶のご購入はこちら