吉祥天とホーリーバジル

美と豊穣と富を司る吉祥天に例えられる
奇跡のハーブ ホーリーバジル

ヒンドゥー教ではホーリーバジル(トゥルシー)は女神ラクシュミの化身とされ聖なる植物としてあらゆる病気と災いから守ってくれるとされています。
ラクシュミは日本では仏教と共に吉祥天として伝来し宝蔵天女といわれ、奈良時代は国家鎮護の神として信仰されました。
その後平安時代に民衆に広がり、弁財天と混同されます。
美と豊穣と富、そして幸福を司る吉祥天に例えられているホーリーバジルは「奇跡のハーブ」と言われ、そのハーブで作ったお茶は飲むだけで凄いたくさんのご利益を授けてくれるかもしれません。
伯舟庵では仏画製作を行っており吉祥天さまの作品もいくつかございます。
最近では吉祥天と共にホーリーバジルも描かせてもらっており、ホーリーバジル茶をご購入頂いたお客様にプレゼントさせてもらっているステッカーもそのような仏画を元絵に製作しております。
今後、絵写経やTシャツなどでも吉祥天さまandホーリーバジル版を作成していく予定です。
吉祥天さまとホーリーバジルの仏画や商品にご興味のある方はお気軽にご連絡下さい。

 

和泉市小川産ホーリーバジル茶のご購入はこちら